Category Archives: mame

豆骨折

Standard

今日レントゲンでちゃんと骨折後順調に治っているかのチェック。

ネギもついてくる。

Advertisements

豆、骨折その2

Standard

0年生の終業式だったので病院の時間をずらしてもらい そのあと腕の骨を正しい位置にしてもらう処置。今日は連れに行ってもらった。

ものすごい量の鎮痛剤を飲むよう指示させる。知り合いの看護婦、学校の保健の先生に確認して 戸惑いはあったが結局その量飲ませた。750GAlvedon 、200gIpren.ちなみに4月の身体検査の記録は121cm、24,2kgだった。

笑気ガスの看護婦さん、先生二人のおかげでちゃんとまっすぐにしてもらえたと。

 

豆骨折

Standard

運動会の翌日12時前に連れから電話。

豆が骨折したと。思わず悲鳴をあげちゃった。運動会後の脱水症状で頭痛のため家で仕事をしていたのが幸い、すぐに迎えに行けた。

ジャングルジムから手を滑らせて落下、足で着地したものの勢い余ってそのまま後ろに倒れ両肘で落下を受け止めた、が私の解釈。

動かない頭を一生懸命回転させ ちょっとおやつを持っていく。

保健室で両腕に包帯をしている豆、私のokのあと鎮痛剤を飲む。

歩けるか確認して 保健の先生のアドバイス通りksのLATTAKUTへ。まった挙句包帯を外して一目で大きなakutに行きなさいと。見るのがつらい、腕が曲がっている。これ最初からわかっていたらここで2時間無駄にしなくてよかったのに。

骨折は12時前、二度のレントゲン。保ダリはねんざのみ。

看護師に見てもらうのと廊下で医者にさっと見てもらうだけで帰宅は10時。笑気ガス専門の看護婦が帰ったからとで一時的なギブスで数日後もう一度行き、骨を正しい位置に戻してもらうことに。

ギブスの看護婦に嫌味を言われたけどぐっと我慢。。。。

つかれた。。。。

 

運動会

Standard

6月10日は運動会。

ネットでしまじろうとか運動会の動画をみせていたので 全く無知ではなかったけどやっぱり何だかよくはわからなかっただろう。朝からハイで地下鉄で近づくにつれて運動会場方面に行く補習校の生徒数が増えてくる。。。クラスの友達もいてもうノリノリ。

徒競走は一番、障害物はピンポン玉がころがっていき、じゃんけんレースはまけちゃう、とかで一位から3位のリボンを一通りためていた。800Mのマラソン完走できたのがよかったな。

リレーも上手に走り、みなとそろって赤組応援。

赤組かって万々歳!

止まらない鼻血

Standard

先日遠足で豆が鼻血出して20分以上とまらななく 先生がやたらと心配してくれた。

今花粉アレルギーで常に鼻水出ているから粘膜が弱っているのかな、と安易におもってたけど話を聞いていたら  ハーフ、鼻血が止まらない、青白い、疲れている、と白血病になった自分の息子と姿を重ねていたらしい。。。

完治したけど2,3年かかったって。 それ聞いてから超敏感に症状探しちゃう。たぶん豆の疲れは花粉症、花血は弱った粘膜、だとおもうけど・・・・ 早くおさまってほしい、しっかり調べたい

日本語なのでひそひそ声

Standard

豆を迎えに行ったら 私を避けるような態度で、しかもひそひそ声で話した。
私と話したくない。

私と日本語で話したくないなら、とシカトした。夕方ずっと。

寝る前に連れがそれを聞くと誰が意地悪した、と即質問していた。すると学校で日本語話すことで中国語だとか言われたり、とかコメントされたらしい。

豆は日本が大好き。私のこともすき。でも学校で恥ずかしい思いをしたくない。私がシカトしてずいぶんつらい思いをさせてしまったな。反省。それでなくてもどっちも選べない心境だっただろうに。

日本語を話すのはぜんぜん普通で恥ずかしくないとおもうぐらいの自尊心と自信を育ててほしい。ハーフの友達のHちゃんはそういう感じだった。学校でママと話すにもぜんぜん当たりまえ、何が恥ずかしいの?という自信。実際りっぱな自信のある人間に育ってキャリア面でも成功しているみたい。どうやったらそこまでに自信のある人間に育てられるんだろう?

 

歯が抜けた

Standard

豆ちゃん、初歯抜け。したの左二本目。飢えから抜けるとおもっていたので最初そこがぐらぐらするって言われて変だとおもった。

当日2月10日、朝からかなり機嫌が悪く 会社からチャットで連れが豆は今日難しい、といってきた。私が迎えに行くと クラスメートが「豆、歯が抜けたんだよ」って教えてくれて 気分爽快!ってかおした豆がお出迎え。ぐらぐらで体調不調だったのか? とにかく幸せそうな豆でした。

でも・・・・歯抜けてもらえたお金で日本に行く航空券を買うとか大きな夢を抱いているみたい。